アニメ コミック クレイモア作品レビュー

クレイモアBD、DVD、コミック情報。ジャンプスクエア、月刊ジャンプ掲載の八木教広によるファンタジー作品です。

作品紹介

クレイモア 舞台の背景

舞台は『妖魔』と呼ばれる魔物が人間を襲う世界。

妖魔は人間を食し、その食した人間に擬態する能力を持つ。

 

通常の人間には擬態した妖魔を見分けることはできず、

たとえ特定できたとしても、人間の力を超えた能力を持つ妖魔を倒すことはできない。

 

妖魔に対抗できるのは、『クレイモア』と呼ばれる女戦士たちのみ。

彼女らは名前の無い『組織』に所属しており、

妖魔の擬態を見抜く能力と、討伐するための力を持っている。

 

この物語は、クレイモアの戦士の一人、クレアの物語です。

 

■ コミック新品/中古をまとめ買い!

CLAYMORE(クレイモア) コミック 1-23巻 セット (ジャンプコミックス)

ブルーレイの廉価版があった

何年も前の話ですが、

この作品にハマって数年後、アニメ化されると知ったときは

すごく嬉しかったのを覚えています。

 

深夜の放送だったので、毎週録画で見ており、

アニメオリジナルの展開もあり、大変楽しめた作品でした。

アニメは1年ほどで終わってしまいましたが、

その後発売されたDVDは迷わず購入しました。

 

ちなみに買ったDVDボックスはこれ

クレイモア / CLAYMORE コンプリート DVD-BOX (26話, 594分) [DVD] [Import]

 

ただ、テレビが大きくなった分、少々画質が・・・と、気になっていたのですが、

最近ブルーレイ版の存在を知ったので、購入しようと調べてみました。

 

しかし、ブルーレイ版の値段がだいぶ高価・・・。

買いたい気持ちとお財布事情が噛み合わず、しばらく迷っていました。

ふと、購入者のレビューを読んだところ、『北米版』との文字を発見。

検索すると北米版はDVDのセットと比べても、

それほど変わらない値段で購入できる廉価版のようなものだと判明。

本当は国内版が欲しかったところですが、

妥協して北米版の購入を決意しました。

 

さっそく見てみました。

やはりDVDと比べて映像がきれいです。買ってよかった!

逆にいくつか気になった点を以下に列挙します。

 

まず、日本語に切り替えたときの迫力が少し物足りない。

国内版を見てないので比べることはできませんが、ちょっと音小さいような・・・。

原因はおそらく音の仕様がDigital 2.0chだということ。

 

次に、最後のスタッフロールが全部英語。

これは特に気にはならなかったんですけど、国内版との違いってことで。

 

あと、これも私には影響なかったのですが、

再生機器によっては対応していないものもあるとか・・・。

私は購入ボタンを押してからレビューに書いてあったのに気づいたので

実際再生するまでドキドキでした。

結局再生できたので結果オーライですけどね。

 

結論。

BD版を買おうと考えると、最終的には北米版との価格で迷うことになると思います。

私個人の感想では、ネックは日本語音声だけ。

そこはボリュームUPで対応できるので、そこが我慢できれば

北米版で十分楽しめると思います。

以上、BD版のレビューでした。

 

■ブルーレイ北米版(国内版と比べるとボックスがチープかも・・・。)

【BD-BOX】CLAYMORE クレイモア 北米版(日本未発売)(ブルーレイ)(PS3再生、日本語音声OK)

■ブルーレイ国内版

CLAYMORE Blu-ray BOX